「MATYの関西サッカーリーグ応援日記」へようこそ!

2015年9月27日午前8時、愛犬との別れ。

2015年9月27日午前8時、愛犬との別れ。

翌日のレイジェンド滋賀FCとヴィアティン桑名のTM楽しみに眠りについたのもつかの間、
外からめずらしく夜中に犬が泣く声で目が覚める。
うちの犬は最近、高齢で声が出ないのか吠えることもなくなったので、
近所の犬かと思いきや、様子を見に行った父親に、アリィーの様子がおかしいと起こされる。
<Sponsered Link>




下におりてみると、明らかに視点が定まらず、異様な歩き方で庭をグルグル周り、
隙間に頭がはまって動けなくなると鳴いているのだった。
それが9月27日2:30頃。
近所迷惑なので、玄関へ移動させる。

そのままへたりこんだり立ち上がって歩いたりを繰り返す。

 
アリィーは16歳なので、私の中である程度の心の準備は出来ていた。
そして、この様子。
私は昔動物看護士だったので、『いよいよか』と思った。
呼吸に合わせて漏れる苦しそうな声。朝までそばで見守るしかなかった。

時間たつにつれ、呼吸は早いものの、鳴き声はおさまったのが5時くらい。
そこからウトウトしていたが、前日セットしていたアラームが7:30鳴る。
自分部屋に戻り準備をしていたところ、母親から息をしていないと呼ばれる。

舌の色や眉間反射を見て、アリィーが天国へ旅立った事を確認しました。

それが8時頃だった。

死後硬直が始まる前に….と、泣きながらすぐにダンボールにクッションや毛布をひいて
簡易の棺を作る。最後のご飯も入れてたら母も泣きながら食べかけのおやつを棺へ。
あとは、翌日保健所に連絡をするだけです。
そして、めそめそしている間もなく、私はTMへ向かいました。
電車の中では密かに泣いてたけどね。

<Sponsered Link>




アリィーは私が動物看護士の道に進むにあたり、里子で愛媛県から貰って来た子でした。

夜泣きが大変で育児ノイローゼにもなりかけたけど、
学校で習った躾や保定や処置をすぐに家で復習させくれるいい子でした。

 
やんちゃ娘でもあったけど(笑)
↓お風呂に入れられて不機嫌で睨んでる。

 
2000年1月3日生まれだそうで、毎年里親さんから届く年賀状にはお誕生日おめでとうのメッセージが添えられていました。
それも、今年で終わりになっちゃいました….。(朝、すぐに里親さんにも連絡しました)

去年は家のリフォームで一時的に引越しもあり、高齢犬にもかかわらず、
なれない環境でも元気に乗り越えてくれたな….

年をとるほど、耳がとおくなり、ほぼ聞こえてはいないようでしたが、
いつも私のほうを見つめてくれていました。

このブログをもって、メソメソするのはやめようと思います。
アリィー、16年間、私のそばにいてくれて本当にありがとう。

天国でお母さんと兄弟で幸せにね。

<Sponsered Link>