「MATYの関西サッカーリーグ応援日記」へようこそ!

去る選手に。[関学クラブ:佐伯雄亮選手]

去る選手に。[関学クラブ:佐伯雄亮選手]

最初に見た景色。
最初に食べた味。
最初に触れた感触。
[最初]って、その後、それを好きになるか嫌いになるかを
左右する大事なことだと思います。
私が関西リーグのサッカーをみはじめて注目した選手が
関学クラブの17番佐伯雄亮選手でした。
そんな彼が、今年関学クラブの選手を引退しました。
今後は若手の未来をサポートする人になるそうです。
多分、関学クラブはレイジェンドの様に退団の選手発表や
選手のコメントはアップされないでしょう。
なので、これまでの感謝と新たに踏み出す一歩へ
エールを込めてここに書き残す事にします。
2012年。
90分間、フィールドを端から端まで走り回る黄色いスパイクシューズ。
関西リーグのパンフレットを見ると、私と同じ年齢だった事もあり、
親近感が沸き(社会人でこの年齢であれだけの運動量すげーとか…)回を重ねる毎に
お目当ての選手として見るようになっていました。
そんな彼の、私が見た中で1番大きな功績と言えば、
2012年9月に鶴見緑地で開催された関学クラブvsFC大阪戦。
当時、Div2でFC大阪は無敗の1位。
この試合で引き分けでも優勝が決定する試合でした。
(ちなみに、2位はレイジェンドだったはず)
その試合でFC大阪に初黒星をつけたのが佐伯選手のゴールでした。
今思えば、あの時ほど、試合終了のホイッスルがなるまで
祈り続けたことはなかったな(笑)
そして、その年の年末のAwardsで佐伯選手は
Div2のベストイレブンに選ばれました。
その時のコメントは自分にもチームに対しても厳しい内容で、
甘んじてない姿が素敵だったのを今でも覚えています。
当時のベストイレブンの写真

このAwardsの会場で、佐伯選手と初めて話すこともできました。
それをきっかけに試合会場でもお話できたりして、
振り返ればKSLで1番身近な選手でした。
が、2013年の年明けに彼が1度、引退するとの報を受けます。
でも、その後しばらくして、引退を撤回し、
もう一度選手で頑張る旨の報を受けました。
ただ、その時、毎試合気持ちを切り替えるのが大変って
言ってたのが個人的に凄く印象的だったんだよね。。。
でも、その直後のTMでは、目の前で素敵なゴールを決めてくれて、
また今年もベストイレブンに!と希望を持たせてくれるプレーでした。

2013年、リーグ開始。
ご存知の通り、私はレイジェンド滋賀FCをメインに
観戦するようになったので、観戦数は前年から比較すると減りましたが、
日程が被らない日は関学クラブの試合を見に行っていました。
佐伯選手はお仕事や、途中怪我で試合に出ていない時が増えましたが、
彼が途中交代で試合に出ると、布にハサミを入れてスーーっと
切っていくような切込みで、空気がかわる。
その空気感が凄い気持ちよかったし、出てくると安心だったことを
思い出します。特に高松選手とのコンビが好きだった。
でも、チームの戦績は伸びず、一時は自動降格が目の前に。
なんとか、最後の試合で踏ん張って、入れ替え戦の7位へ。
さらには他のチームの事情で、入れ替え戦をすることなく、
残留が決定となりました。
そして2014年。
今年は去年の二の舞を踏んで欲しくないなーと思っていた矢先の
年明けちょっとたってから本人からの引退の報でした。。。。
今後は指導者側でサッカーに携わるそうですが、私としては、
もうあの縦横無尽に走り回る黄色いスパイクシューズが
見れなくなるのかと思うと、本当に残念です。。。( ´。pωq。)
私にとって、応援していた選手がいなくなるチームを見る初めての年。
なんか、この穴が空くような寂しい気持ちは、
うまく言えないけど、とにかく今のチームやメンバーは永遠じゃないから、
応援出来るときは、いっぱい応援しなくちゃ行けないなと思った。

みんなも、目の前の選手を大切にね....(*´つω・。)

 


 

関学クラブ #17 佐伯 雄亮 選手
本当にお疲れ様でした。今度は若い子達の夢を担う
素敵なポジションで頑張ってください。
私の方こそ、楽しい思い出をありがとうございました!
未来のある若手達に熱い気持ちを伝えていけるコーチとして頑張ってください!


 

【and…】
佐伯選手いわく今年のチームは若手の意識が高く学生から
主力メンバーが加わるので期待していいそうです(笑)
[今年も関学クラブの応援よろしくお願いします!]って言われちゃった。( ^ω^ )
彼が残した思いと共に、陰ながら応援していようと思います。