「MATYの関西サッカーリーグ応援日記」へようこそ!

[枚プー兄さんpre.北河内 Rock’a football Vol.1]FC TIAMO枚方のイベントに行ってきました!

[枚プー兄さんpre.北河内 Rock’a football Vol.1]FC TIAMO枚方のイベントに行ってきました!

2019年に入り、各チーム入退団のリリースで賑やかしくなってきました。
4月に迎える開幕にむけて、チームも少しずつ始動し始めましたね。

そんな中、私は昨年末にTIAMOサポーターにお招きいただいていたFC TIAMOの選手も参加するイベントにお邪魔してきました。題して!「枚プー兄さんpre.北河内 Rock’a football Vol.1」

昔、応援していたチームが地元のバンドとコラボしてCDを出した時に、収録曲のバンドとチームの選手を知ってもらうトークイベントをパブリックビューイングをしたライブハウスで実現したら最高だろうなって思い描いてた時期がありました。イベントを聞いたとき、脳裏によぎった昔の記憶。
チームは違えど、まさに現実になったそれは、どんなものか知りたくて、迷わず参加を決めていました。当時果たせなかった自分の夢を叶えるエゴだったかもしれません。でも、そんな私を快く受け入れてくれたTIAMOサポーターやイベントスタッフさんに心から感謝し、このレポを残します。

会場は「枚方Shing」

イベント自体は14:45からですが、スタッフさんとの顔合わせや、撮影の試し撮りのために、早めに到着。

地下に降りるとライブステージが近い!

ある程度撮影のめどが立ったので、スタッフみんなでお昼ごはんに。
会場からちょっと歩いたところにあるオシャレなカフェ。
800円で美味しいランチが食べられました♪
 

食後、TIAMO選手目的な女子カメラコンビは、TIAMO選手が出演するのは16時なのでそのままお店に残って、ずーっと関西リーグの女子トークをしてて、時間が迫ってきたところで、電話で呼び出しがきたので、会場に戻りました(笑)
<Sponsered Link>


迫力あるバンド演奏を間近で

会場に戻ると、すでに1組目のバンド「SHOTGUN30」が終盤を迎えていました。

初めて見ても惹きつけられる。バンドの放つエネルギーってすごい。

この日の為に、FC TIAMO枚方の応援ソングを作っていました。
これが、結構いい歌だった。

バンド演奏が終了し、トークイベントのセッティングへ。

<Sponsered Link>


トークイベント第1部スタート

MCは、スタジアムDJでもある、渡辺雄大くん。
ステ―ティングメンバー風に選手をひとりずつ呼び入れます。

DF No.3:藤代 健太選手



・ベテランがいい雰囲気を作ってくれているので、見習いたい。
・枚方の印象は交通量が多い。大学時代に住んでいた茨木市より枚方の方が住みやすいと思う。(詳細は阿部選手にパス)
・TIAMOでさわやかキャラを確立していきたい。
・監督の第一印象はいかつく、練習中とかにめちゃくちゃ言われるかとおもったが、言葉遣いが丁寧でめっちゃやさしい人だった。

[Sponsered Link]


DF No.20:阿部 翔選手

・去年はシーズン前にアキレス腱を断裂し、1試合も出場できなかったので、今年は全試合出れるようにヨガを初めて体作りをしている。
・アシスト王を狙っていきたい。
・枚方は住みやすい。大好き。
・TIAMOで本気でJFLに上がりたい。
・監督をはじめてみた時はマスコットキャラみたいでかわいいなと思った。フレンドリーで接しやすい。

[Sponsered Link]


DF No.32:市川 恵多選手(ザスパクサツ群馬より新加入)

・JFL昇格は果たしたい。ディフェンスである自分がしっかり守りたい。
・枚方の印象は来て2週間なのでまだ分からないが、ひらパーに行ってみたい。
・TIAMOがJFLに昇格すれば環境が変わると思うので、後ろでみんなをまとめられるような存在にならなければいけないと思っている。
・監督は見た目いかついが、積極的にコミュニケーションをとってくれる。色々話してもすぐに答えが返ってくる。


[Sponsered Link]


MF No.14:吉村 泰良選手

・去年は個人的に出場試合が少なく、悔しい思いをしていた。
・去年はサイドバックをしていたが、今年はボランチで勝負し、JFL昇格に貢献したい。
・枚方の印象はトラック多い。(大きいので道路で抜けない)
・しゃべるのが好き。チームで突っ込み担当。吉本の小藪さんを師匠とイメージして、突っ込み技術を磨いていきたい。
・監督の第一印象はこわもてで実は優しいというのは他の選手と同じ意見だが、ここだけの話ベビーフェイスなところが可愛いと思っている。

[Sponsered Link]


MF No.29:小谷 健悟選手(ギラヴァンツ北九州より新加入)

・JFL昇格を目標に。覚悟をもってこのチームに来たので、ゴールやアシストでチームに貢献し、みんなでJFL昇格を達成したい。
・枚方に来て2週間なのでまだよくわからないが、今住んでいるところは道がせまく自転車や原付に乗っている人が多いので、ひかない様に注意して運転している。
・大阪にはガンバとセレッソがあるので、そこにTIAMOが食い込めるようにしていきたい。
・監督はサッカーに真剣に向き合って、選手達とコミュニケーションをとっていて、JFL昇格への気持ちが見えて、熱い男だと思う。

[Sponsered Link]


FW No.17:福森 大樹選手

・去年は高校卒業後にチームに加入し、開幕戦から途中出場したが、結果として何も残らず終わってしまった。今年は、JFL昇格もリーグ優勝もしなくてはいけないような豪華なメンバーがそろっているなかで、自分自身も期待に応えられるような選手になると決めて頑張りたい。
・枚方の印象は治安がいいと思う。
TIAMOでは最年少なので、ベテラン勢がいる中で逆にチームを引っ張っていきたい。
・監督はめちゃめちゃサッカーに真剣なのが分かる。紅白戦のビデオも分析して個人個人に伝えたり、海外の試合をみた分析も取り入れてアドバイスをしてくれる。

あっという間の30分のトークショーが終了し、2部までまたしばらく時間があるので、今度はMCの渡辺君も含めて3人でさっきのカフェに戻り、休憩しました(笑)

 

<Sponsered Link>


トークイベント第2部スタート

 

第2部も渡辺くんがステ―ティングメンバー風に監督、選手をひとりずつ呼び入れます。

ここで、1部でも出演していた福森選手が席に着いた瞬間、「ハッ!」っとなります。

なぜかというと、サポーターからハッピーバースデーソングが沸き起こったからです!
ケーキのサプライズも。

\ありがとう!/とコメントする福森選手


 

[Sponsered Link]


 

辻本 茂輝新監督(元ガイナーレ鳥取TOPチームコーチ)

・元々吹田出身で4年ぶりくらいに大阪に帰ってきて仕事ができるのが楽しみ。
・大阪には有名なJクラブがある中で、枚方からJリーグを目指そうというクラブで仕事をさせてもらえることに感謝するとともに、プレッシャーも感じるがすべてパワーに変えて精一杯やっていく。
・目標はJFL昇格しかない。優勝は最低でも勝ち点33が必要。1得点、1失点すべてが未来につながっていくことを選手と共有し頑張っていく。
・枚方の印象はひらぱーなので、そこをFCTIAMO枚方に変えたい。
・Jリーグを目指すところにおいて、地域とのかかわりが不可欠。子供たちが夢をもつきっかけになることをクラブとしてどんどんかかわっていきたい。

 

[Sponsered Link]


DF No.2:吉田 時雄選手

・目標は、全勝優勝しJFL昇格。
・枚方の印象はとりあえずひらパー。阿部 翔選手にパンケーキを誘われる。
・枚方といえばという印象が今はなかったが、今後枚方といえばTIAMOといってもらえるように、自分自身イベントにどんどん参加していきたい。

[Sponsered Link]


DF No.22:守安 陸選手(アルビレックス新潟シンガポールより新加入)


・枚方出身なので、枚方を盛り上げていきたい。
・JFL昇格はもちろん、自分は得点を取るタイプではないので、アシストでチームに貢献したい。
・枚方は育ってきたところなので、小さい時にボールを蹴った思い入れのある土地。
・スポーツジムで働いていて、入浴招待券を貰えるので、TIAMOの選手に渡して疲れを癒してほしい。(他メンバーや監督から欲しいの声があがる)


[Sponsered Link]


MF No.9:加藤 博人選手

・仙台市出身で、笑いを求めてくる関西人が怖いが頑張りたい。
・目標はJFL昇格だが、今年はかなり補強し、自分は4年目だが、年上、年下がいてちょうど間の世代になるのでバランスをとりながらチームをいい方向にもっていきたい。その結果がJFLだと思っているので、そこを目指して頑張りたい。
・仙台から来て、困っていたら声かけてくれたりするので、大阪の人は優しい。
・前監督が言っていた言葉「現場にいる人間が行政を動かそう。」そのために自分たちが日々練習し、試合に勝ちJFLに昇格すれば、動かざるをえない状況がくると思うので、監督を筆頭に頑張りたい。

[Sponsered Link]


MF No.25:曽我 大地選手(ガイナーレ鳥取より新加入)


・高3で辻本さんにお世話になって、プロ2,3年でもお世話になって、また指導されたいなという思いで来ました。めちゃめちゃ(監督を)尊敬しています。
(監督から「嘘つけ」と突っ込みがはいる)
・目標はJFL昇格。自分は下から2番目なので、幅広い年齢層の中で、福森選手とみんなを押し上げて下から支えられるようになったらいい結果に繋がっていくと思う。JFL昇格を勝ち取りたい。
・枚方、大阪の人は明るい。自分は広島出身なので、お好み焼きの広島風、関西風の争いはやめてほしい。両方美味しいので仲良くしてほしい。広島焼きがつくれるので、枚方で広めていきたい。
・たくさんのお客さんに見に来てほしい。選手は見られてなんぼだと思う。働いている会社の人も来てくれると言ってくれている。お客さんの声援でラスト5分やあと1歩が出たり、やり切ることが出来ることもあるので、たくさんの人に試合に見に来てほしい。

監督の「やかまし!」という突っ込みが好きという曽我選手

 

FW No.17:福森 大樹選手(本日2回目の登場)


・JFL昇格に向けて、下(の世代)から押し上げて盛り上げて引っ張っていきたい。

・枚方の印象は第1部で治安がいいといったので、おすすめの店を紹介。長尾駅の近くにある「おこのみ焼 花茶栗」の牛すじ焼きを食べてほしい。

第2部は選手が自由にマイクをもってよく喋ってた気がする。いい雰囲気でした。

<Sponsered Link>


監督に気になるあの質問をぶつけてみました!

最後に辻本監督に、私からの質問に答えていただきました!


 

Q:開幕戦は古巣であるアルテリーヴォ和歌山との対戦が予想されますが、どんな思いで戦いますか?
A:「4年前に監督をしてたチームであるが、今は当時とだいぶメンバーも変わり、特に意識することはないが、僕らが王者だというものを一番最初に見せつけたいと思っている。」

この回答をきいて「うっひょー!開幕がたのしみだぜーーー!」とひとりワクワクが止まらない私でした。
辻本監督、お答えいただいてありがとうございました!

 

そして、第2部のトークショーも終了。

\ FC TIAMO/のコールを受ける監督・選手

サポーター達とハイタッチで退場していきました。

 

退場後は福森選手がケーキと記念撮影をしてましたよ!

想い合える存在がいるって素敵

 

年末の表彰式やクラブのイベントに参加させてもらってると、こういう試合以外のイベントの時間って、選手はリラックスしてるし、普段試合会場ではわからない表情も発見できるから、ホントにおすすめです。たまーに、選手から「いつも応援ありがとうございます」とか「もっと試合来て下さい」とか、「もっと僕の写真撮ってください」とか思いがけない本音を直接言いに来てくれたりして、意外と選手も知っててくれてるんだなって嬉しくなります。

だから、今日のイベントは、TIAMO好きな人ならほんとに至福の時間だったと思うんだよね。
バレンタインが近かったので、チョコレート渡してる女子もいたし。(選手はカカオ率が高いチョコレートが好きみたい)
このイベントの時間だけは、TIAMOサポでいたかった(笑)

距離が近いからもっと楽しめただろうなーと思う気持ちと同時に、ふと、AS.Laranja Kyotoの選手たちは元気にしてるかな?って浮かびました(←オイ!)
なんとなく、今回のイベントに参加してる選手のタイプが似てるからかなー。

個人的には、今日のイベントに参加していた選手たちは今後、対戦相手として苦しめられるかもしれませんが、どの選手もすごくチームや周りの環境を考えていて、いち社会人サッカー選手として、ほんと素敵だったので、陰ながら動向に注目したいなと思います。

 

 

ここでMATYメモ!

・かっこよかったのは藤代選手

・好青年な印象は吉田選手

・可愛いかったのは加藤選手(私の中で既にえなりくんと命名)

・将来が楽しみなのは福森選手(若いのにほんと考えがしっかりしてる)

 

まもなく、関西サッカーリーグの試合会場が発表されるし、開幕までにいろいろTMもあるはず。

春はもうすぐだーー!

 

改めて、TIAMOサポーターのみなさん、関係者の皆さんありがとうございました!
また会場でお会いしましょう★