「MATYの関西サッカーリーグ応援日記」へようこそ!

【AS.Laranja Kyoto:第7節】怒られるということvs阪南大クラブ(180624)

【AS.Laranja Kyoto:第7節】怒られるということvs阪南大クラブ(180624)

長くKSLを観戦してきていますが、なかなか訪れる縁のなかった服部陸上。
公園自体は最寄り駅の「緑地公園駅」からスグですが、陸上競技場までが結構歩く。
というか、初めて訪れた広い公園なので、道に迷ってようやく到着…。
(川もあってバーベキューエリアもあっていい公園!)

イメージとしては、明石陸上と高砂陸上を足して2で割った感じ。
スタンドの中央に少しだけ屋根があり、片側のゴール裏だけ石階段のスタンドがあります。

ただ、特筆すべきは芝の状態で、土が見えるのはもちろん、雑草やお花が咲いてる草むら感…

ここは、そんなもんなのかな?
選手はウォーミングアップをしていました。すでに、ものすごーーく暑い。

 

<Sponsered Link>


さて、着替えも終わり、試合開始前の円陣。

なんか、今日は賑やかだな~とおもってたら、鎌田選手がいろいろ大きな声で盛り上げてる感じだった。

選手入場。

前日、紀三井寺で撮影してくれたKSLオフィシャルカメラマンのタケさんも連日撮影に来てくれてます。しかも焼けるように熱いアスファルトでごろにゃん撮影!
礼!

集合写真撮影中。

ここにも鎌田選手。なんか呼びかけて笑わせてたなー(笑)

 

前半の円陣

前期最終の7節キックオフ!

GK辰巳選手

#20寺石選手と#2利田選手

#6ナオト(杉山選手)

#11磯部選手は髪の毛切ってたー

今日のスタメンで注目すべきは#27タイガ(河野選手)が出ていること。

サブメンバーも若手が結構入ってる。

この暑さなので、さすがにウォーターブレイクをはさみます。

#7ダイキ(大澤選手)

#9マナ(中尾選手)

前半は相手に先制を許してしまいます。

0-1で前半終了。

 

 

 

前半はだれも交代しなかったけど、ウォーミングアップの雰囲気から拓ちゃん(八木選手)が先に交代で出そうだなー。

<Sponsered Link>



ちょっと、席をはずしている間に、後半開始(;´Д`)
下に降りて選手の近くで撮影してました。

ストレッチ中の2人越しにみる試合。今年前期のお気に入り写真のひとつです(笑)

タイガは引き続き後半も頑張ってます。

#29松本選手

タイガ君がタクちゃんと交代したころ、ベンチから鎌田選手に準備する声が。

「やった♪やった♪」って、嬉しそうにウォーミングアップに熱が入り込む鎌田選手が可愛かった(笑)

そして戻ってきたタイガ君には竹内選手がちゃんとケアしてあげてました。
 

#10美里選手

#18 拓ちゃん(八木選手)

#24中尾元基選手

後半のウォーターブレイク

その後、相手にゴールを許し0-2

ラランジャ側にもフリーキックやスローインで幾度とゴール前のセットプレーのチャンスはあるものの、得点には繋がらず…

そうこうしている間に、相手に3点目を許してしまい0-3。

そして、今日一番活きのいい鎌田選手がピッチにはいります。

松本選手と交代です。
(余談だけど、選手交代のときに戻ってきた選手にスタンドから拍手湧き上がって労うの素敵だよねーって毎回思う)

交代した鎌田選手は水を得た魚の様に、どんどんゴール前にボールを運びます。(期待)

一方で、交代が続きます。
美里選手から藤原選手へ交代。


ダイキから有馬選手へ交代

3点もリードされた今、若手へのチャンスと経験値アップに切り替えか?!という気持ちで私は見ていました。

しかし、時間的にその余裕はなく、残念ながら0-3で試合終了。
今期2回目の無得点敗戦…。

一番低く頭を下げてた辰巳選手を見ると切なかったです。

 

 

 

 

スタンド前に整列して、ご挨拶。

負けが続くと、この挨拶もつらいと思うんだ。
それを見てる私も、少し辛いんだ。
でも、これは必要だと思うんだ。
応援に来てくれたお客さんの表情とか拍手とか時には残念そうな表情とか言葉を吸収してほしい。
でも、逆に、そんなあなた達でも、私は好きで応援してるんだよって力を送りたい。


無得点で終わったのは残念だったなー。

<Sponsered Link>



【and…】

今回の試合で一番印象的だったのは、試合中飛び交うタイガへの指示でした。

正直、私が見ていても、彼にその役目をさせるのは早いし可愛そうじゃないかと思っていたのですが、後で聞くと、大阪の地震があった時期もまじめに毎日練習に来ていたのがタイガで、今回はその姿勢が認められてのスタメンだった様です。その判断は賛成。とはいえ、彼はまだ今年入団したばかりの超新人。前節同様、動きもどこかぎこちなく、見てる方としても少し心配。・・・なので、周りの選手から怒号が飛ぶのは仕方ないな・・・。

とはいえ、最終的には実戦でこそわかる空気感もあるでしょう。
TMはあくまでTMなんです(持論)
仕事でいうと、練習やTMがロールプレイングなら、試合はOJT。
なので、タイガにはこの経験を今後の試合に活かしてほしいなと思います。

で、タイガがそうなのかはわからないけど、メチャメチャ他人からワーワー怒られたり、注意されると、凹んでしまうあなたに、「そうやって指導されているあなたは幸せだよ」と私は言いたい。

なぜ、注意されたり、怒られたりするのかといえば、ダメなところがあるから。
ダメなところを直してほしいから注意する、怒る。=ダメなところをなおせば、上手になる、成長する可能性があるということ。
大雑把に言ってしまえば、例えばサッカーが嫌ならしなくていいことだし、優しくしてほしいならそういうチームにいけばいいことだし。
経験上【こいつ、ダメだ】と思えば、何も言わなくなるし、黙ってはずすもんだよ。

親が子供を叱るのは、躾。
それは、子供が成長する過程で世間に迷惑をかけないように、社会のルールを教えていくのであって、結局は成長していく子供の為。

一方で、仕事で怒られる、注意されるというのは、会社のルールに則っていなかったり反していたり先方に迷惑をかけたとき。
仕事で部下を持っている私の立場で言わせてもらえば、自分の過去の経験で遠回りや失敗したことを繰り返してもらいたくないから、注意する。
でも、それってほんとにその部下が嫌いとかで怒っているのではなく、そのほうが、部下の為にもいいと自信をもってるからこそ。
そのうえで、部下が納得できない部分があれば、話を聞くし納得するまで説明をするし、そうやってお互いベストな道を突き詰めていくものだと思うの。

だから、サッカーの試合や練習で湧き上がる、指導や怒りの声も社会人が受けるお説教と同じだと思ってる。
怒っているのは、成長してほしいから。そのままじゃだめだ、上手くいかないって部分がその道のベテランには見えてるから。
そのうえで、自分が納得できない部分があれば、モヤモヤが消化できるまで質問したらいいと思う。
指導する側も相手が納得するまで付き合ってあげればいいと思う。(言いっぱなしは無責任)

ラランジャの魅力は選手がチームを育ててるところ。大変だと思うけど。。。
面倒を見るお兄さん的なベテラン選手と、面白くてベテランと若い子に気兼ねなく話せる選手と、右も左もわからないようなひよっこの若手選手がいる。
新人選手は最初のうちは一生懸命チームのサポートをしてて、だんだん試合に出るようになる。
観客として見てて、初めてメンバー表に名前が出た時のうれしさとか公式戦のピッチではじめて走る姿を見た時に、「良かったね!」って感動する。
他のチームも同じようなシステムだろうけど、ラランジャの選手は若い子が多いから特にそう感じるんだよね。

若い分、ベテラン選手に怒られることもあるかもしれないけど、愛情だと思って、凹まず頑張ってほしい。
なにより、チームを引っ張る年長者達を信じてあげて。
見えないところで、いっぱい頭を下げてると思うんだ。
今日の試合後の辰巳選手の表情みてて、なんだかね、一番苦しいのはチームを背負ってる選手達よなーって改めて思った。

今、ラランジャの試合に応援に来てくれてる人は、試合に勝てないくらいで、応援辞めたりしないと思う。(私は絶対そう)
ラランジャの選手が好きで試合を見に行ってるの。子供たちの面倒見もいいし。上手だし。
そりゃ、勝って上位を狙うに越したことはないけど、それ以上に楽しくサッカーしてる選手たちが見れたら私は嬉しいです。
(関西リーグより下部リーグに落ちるのは困るけどね!)

できることなら、試合に負けてもSNSで試合結果は発信してほしいです。
あとは選手たちの練習風景とかオフショットもアップしてくれたらなー。(と個人的な希望も残すw)

鎌田選手のキャラがめちゃ気になる今回の試合でした。

後期は何があるか分からない!
頑張っていこーー!!!