【AS.Laranja Kyoto:第1節】待ちに待ったKSL開幕!(200823)

こんにちは!MATYです。

ついに!
ついに!
ついに!

ようやくこの日を迎えることが出来ました!

関西サッカーリーグの開幕です!

振り返れば4月の開幕が延期になり、当初用意されているとされていた最悪な状況になった場合のphas3まできてしまいました。
それでも、開幕の日を迎えることができたのは、ありがたく思います。

開幕されても、今もなお増えるコロナ感染者の拡大防止対応で、無観客試合に切り替わってしまう状況ですが、クラブ関係者の人たちが少しでもストレスのない試合速報に努めてくれているので、それも活用して、リーグ終了まで見届けることが出来ればなぁと思います。

ちなみに、開幕は8月22日の土曜日から。

最初の試合はアルテリーヴォ和歌山の試合でしたが、ビッグレイクBは無観客試合。私はPress申請をしているので、体調管理の申告用紙を提出することにより会場への出入りは可能なのですが、サポーターたちが観戦できないので、私もお休みしました。

やっぱり、マイクが引退しちゃった今、私がアルテリーヴォの試合に行く意義はサポーターがいるからこそだと思うんだよね。ということで、4,5節までリーヴォはお休みです。

記念すべき2020年の第1節は、AS.Laranja Kyoto対FC TIAMO枚方の試合を見に、万博記念競技場へ向かいました!!

<Sponsered Link>

しっかりとしたコロナ感染対策

今回の試合は、両クラブ関係者と申請がある方のみ来場可能ということで、例えばラランジャでいうと、アカデミーの家族とか。

受付で、まずは検温、手指の消毒、連絡先の記入、大阪府のコロナシステムへのメールアドレス登録をしました。

 \ 登録完了やで!/

受付担当は溝川選手が担当してくれていました!

スタンドにあがると観戦の注意と、案内版が。

待ちに待ったキックオフ!

今年に入って、何度かTMを見てきましたが、こういう得点ボードとか、バタバタしているスタンドの下の運営人たちを見ると、これがリーグ戦!って背筋がピっ!ってなる。

さぁ、待ちに待った試合が始まりますよ!

選手入場→礼。
そのあとの握手は無し。

集合写真も今年はこんな形になります。
ソーシャルディスタンス。

この後の試合の様子みればわかるけど、個人的にはここだけそんな意識しても意味あるかなぁ…とは思うんだけど、まぁ、何年か後に振り返った時、こんな時期もあったねって言える日の記念撮影ってことで。

円陣は肩を組まなくなった。

ハイタッチは腕(肘)タッチになった。

新しい時代のサッカー。
15:30 第1節 AS.Laranja Kyoto 対 FC TIAMO枚方 のキックオフです。


ちなみに、試合は灼熱を覚悟していたのですが、15:30キックオフということもあってか、スタンドは全体的に日陰におおわれました。
これだけでもかなりありがたい。選手が走るピッチは太陽があたって暑そうだけどね。

そうそう!
今日のスタメンには磯部選手がいないのだよ。

と思ってたら、いきなり大澤選手が倒されて、PKチャンス!

冷静に決めて、開始6分で先制!(ゴールシーンは最後の動画に)
この展開に驚く他チームのサポーターも多かったんじゃないかな?!

今年も頼れる男です(o^―^o)

もちろん、攻められはするのですが、しっかり守れているラランジャのゴール前。

2番は新加入の高橋周也選手です。
やっと見れた―!リーヴォサポが対戦を楽しみにしてるよ(笑)

山中宏基選手。
TM見ててもやっぱり上手いなぁー!と思う選手。中尾元基選手とのコンビネーションにも注目です!

 

青島賛選手も今年の新加入。
TMみてて、恐らく主力メンバーになるだろうなぁと思ってたひとり。

こちらも新加入の忠政慶之選手です!
新たな頼れるDF。走り回ってた。

控えの選手たちはアップしながらも、ピッチに向けて声をあげてました。
印象としては、チームがみんな試合に集中してる感じで、明るい雰囲気で良かった。

給水タイムを2度挟むなかで、周りの選手たちが素早くボトルを準備したりでサポート。

なんと、前半は2-1でラランジャがリードして折り返す展開に!
他会場の様子を見ると、おこしやす京都が苦戦している状況。
このまま勝利すればかなり上位を狙える!!

<Sponsered Link>

ラランジャのリードで後半キックオフ!

後半に向けてピッチへ向かう選手を送り出す控えの選手たち。

この時点で、選手交代は無し。
強い日差しのせいで選手たちの顔がどんどん赤くなってたよ。

後半キックオフ!

大野将弥選手。
今年は7試合しかないからGKのスタメン争いがあるから大変だよね。
去年から出場試合を見てるから、安心感はあった。
肩に力入りすぎていなくて、よく声出してたよー。

酒井翼選手。
今年は試合数が少ないけどゴール期待してます。

福永和生選手。
今年からキャプテンの福永選手。
アツいアツい思いをもって頑張ってるから、その思いがチーム全体に伝われば、きっと強いチームになると期待してます!

山口拓哉選手。
山口選手っていうより、いつもメッシって言うから、とっさに名前が出ない(笑)
今年も頑張れー!

やっぱり、後半は相手の攻撃が激しくなってきた印象。

どんどん交代も始まります。

まずは青島選手から倉田大輝選手へ。


酒井から河野大翔選手

 

そして、公式記録で後半27分、同点ゴールを決められてしまいます。
やっぱり、一筋縄ではいかないねー。
でもまぁ、これは想定内。むしろ、まだドロー。このまま負けなければ勝ち点をGETできる!

 

足がつってしまった山内颯選手にかわり中尾真那選手が交代。

先制ゴールを決めた大澤選手にかわり、村岡怜央選手

村岡怜央選手は、TMで見てる時から、周りの選手からのコーチングが凄いなぁって思ってた。
タイガが加入した頃みたいだなぁって思ってて、つまりはきっと期待されている選手の一人なんじゃないかなぁと思ってたんだけど、さっそく開幕からメンバー入り。しかも、出場したら、多分ピッチ上で一番最年少だと思うんだけど、相手が誰であろうと全然かまわず、怯まず、気が強いプレイでいいなぁ!って思った。今後の成長に期待です。

最後はメッシこと山口選手にかわり、松本佳浩選手が。
松本選手は加入した頃から出れない試合でもチームのサポ―トをしてた印象だけど、少しずつ試合に出るようになってきてるね。

 
ATは6分。
ここで1点決めた方が勝ち点3をつかめることが出来るから、リスタートも超早い攻防戦。

そして、試合終了。

2-2で優勝候補相手のチームに勝ち点1をGETしました!!\(^o^)/

 

では、今日の試合のまとめ動画!

 

深々と長く頭をあげなかった中尾選手と大野選手の礼に悔しさが伺えました。

戻ってきた選手は、スタンドの関係者、ラランジャファミリーに挨拶へ。


挨拶で話したのはキャプテンの福永選手。
水曜日には天皇杯の出場権をかけた決勝が控えているので、頑張ります!と。

いつも優しい選手たち。
こういう姿見ると、ほんとに、こどもたちのヒーローだよなぁって思う。

ラランジャファミリーも一緒に集合写真で記念撮影。
一応ソーシャルディスタンスは呼びかけてたよ(笑)
 
試合の感想を話す選手たち。
「悔しいー」「あれはしゃーない」とポジティブな空気が漂っていたから、勝ちたかった試合ではあるけど、初戦で勝ち点を得たことにより、水曜日の天皇杯決勝に向けてもいい弾みになったんじゃないかなぁ。(^▽^)

ところで、今回の試合で、私があげる「よく頑張ったで賞」は山内選手です!

正直、スタメンになっていることにびっくりしたというか、意外だったけど、ほんとよく走ってボールもってた。
最後は足がつっちゃったけど、120%出し切ってたんじゃないかなぁ。

<Sponsered Link>

試合に出ていない選手も頑張ってたよ!

今日のクラブの雰囲気はめちゃ明るく感じたよ。

もともと、去年くらいから明るいんだけど、こういう初戦とかはピリピリしがちな中、相変わらずな感じで安心したなぁ(笑)
試合中ベンチ回りも、試合展開を熱く見守っていました。

 そんな中、辰巳コーチが現場に戻ってきたよー!
クラブのお父さん的存在。

昔と変わらず、献身的な姿が微笑ましかったです。

新加入の若手たちは、ボールボーイ。
暑い中座ってるのも大変だよね。
脱水に注意してね。お疲れ様!


 

クラブの記録係も、試合の振り返りとジムさんへの報告用で大切な役目。でも、画面越しでボール追いかけるって大変だよね。私もカメラ越しでボール追うけど、ずっと立ってるし、ついつい画面に集中して水分補給を忘れがちになる。交代で撮影は必要だねー。クラブによっては、1人が撮影して、隣でボール持ってる番号をつぶやいてるところもあるし、映像記録は必要なことんだなぁ。プロも絶対映像みて試合振り返るミーティングするっていうしね。
大事な役目、お疲れ様!

こちらは、選手が飲む水を準備中。
給水タイムが近づいたり、交代でOUTした選手のために、素早くボトルを渡せるように準備してました。
コロナの感染防止のために、今まで以上に手間がかかるようになったんじゃないかなぁと思うけど、しっかり役目を果たしてくれてるから、選手も脱水せずに走れてるんだと思うよ!お疲れ様!

サッカーの試合に出られるのは11人なわけで、毎年たくさんの選手が所属するクラブには、試合に出られない選手がいるのは必然。

そんななかで、試合に出ていない選手が、試合中どう過ごしているかも、結構試合の勝敗に関わってるんじゃないかなぁと、ここ数年、全国大会や昇格に絡む試合を見ていると思うことが増えました。

サッカーをするためにクラブに入ったのに、試合でボールを蹴れないなんて…って思うかもしれないけど、氷を入れる、給水ボトルやボールを渡すにしても、「何故それが必要なのか」、「相手がどうすれば喜ぶのか」を考えることに通じると思うの。

それって、サッカーの試合で考えると、どこにパスを出せば相手が最高のパフォーマンスを発揮できるか?とか、考えることも出来るようになるんじゃないかなぁって思ったりする。あくまで、素人考えだけど。サッカーってひとりでできるスポーツじゃないから。

サッカーを引退しても、相手の立場を考えるってことは社会人になれば絶対役に立つことだから、損得じゃなくて、どんどん自主的に見つけてチームに貢献すれば、みんなが同じ方向を向いて進んでいけると思う。

今年はいつもと違うシーズンになっちゃったけど、選手主体でクラブ運営を頑張ってるラランジャならではのファミリー感で、1試合ずつがんばってほしいと思います!

まずは、水曜日の天皇杯決勝、吉報を待ってます。

そして、週末の京都ダービー!1週間で2回おこしやす京都と戦うことになるから、2戦の結果も楽しみだー!

<Sponsered Link>

試合後、大野選手と吉田ヘッドコーチのインタビューが「フットボールラウンジこぼれ球」に公開されました!初インタビュー経験緊張したよ(つд⊂)

 

次回もがんばれー!

タイトルとURLをコピーしました