【AS.Laranja Kyoto】Div1 第5節vs関大FC2008(210605)

16:08加古川駅到着!加古川線の待ちが10分あって、そこから徒歩を考えると間に合わないかもしれないからタクシーで向かうことにしました。

タクシーの運転手さんに、サッカーグラウンドの方に行ってもらうように私のスマホでナビをかけながら日岡山公園に向かってもらいました。

無事サッカーグラウンドに到着!
ちなみに今後の参考までに、タクシーは1,860円でしたよ。
Time is Money! タクシーを選択して良かった!

リーヴォサポータ達よりお先に…

急いでグラウンドに入って、健康チェックシートを提出しに。
その時に、ちょうど試合が終わったチェントクオーレハリマの選手がグランドから出ていくところでした。ふと見たら、元アルテリーヴォ和歌山でサポーター達にめちゃ愛されていた岡ちゃんこと、岡山昇太選手が挨拶してくれたのです~。
「岡ちゃん!元気してる?!(^▽^)/」の呼びかけに笑顔で応えてくれて、元気に頑張っているそうです!チームを離れてもこうやって挨拶してくれるのは、さすが岡ちゃんだな!って嬉しかった。
リーヴォサポも順延になったチェントクオーレとの試合での再会をきっと楽しみにしてるだろうなぁ(o^―^o)

ちょうどベンチ入れ替え中で円陣に間に合った

やっとカメラを取り出した頃には、選手達がアップを終えて、着替えて試合に挑む段階でした。

全員での円陣。
コーチからは、「自分に課題を課して目標達成できなかったら次の試合に出れないくらいの気持ちで、今日は勝つよ!」と。キャプテンの福永選手からは「残り2節いいように繋げていこう」と気合の言葉がありました。

今回も、カメラ目線くれた選手のキャプチャをのせておきます!
カメラ見ない選手は不愛想とかスルーしてるとかじゃなくて、試合に向けて集中してたり、恥ずかしがりやさんだったりするので、温かい目で見てあげてください。

最初は福永選手から

高橋選手はタッチだった

中尾(元基)選手

山内選手

前節出られなかった酒井選手も戻ってきて、カメラ見てくれた^^

飯塚選手は会釈

大きな声が存在感ばっちりの太田選手

この送り出す道も長くなったもんだ~。(しみじみ)

間もなく選手入場です!

選手入場

整列&礼

今日は柳下選手が真ん中に。
飯塚選手が後列で映ってるのは私が写真撮った限り、初めてな気がする。
大澤選手がスタメンに帰ってきた!

闘志みなぎる円陣。

今日は絶対勝てるはず!!!
信じてるよ!
誰が点を決めるかが楽しみ!

第5節 vs関大FC2008 キックオフ

ラランジャボールで前半キックオフ

ようやく風穴があいた!!

公式記録だと、前半27分。
今までくすぶっていたところに風穴があきました!
念願の先制点!!!!!!

決めたのは、柳下選手!!
前節、リーヴォ戦でいい動きをしていて、リーヴォサポからも「あの子は伸びる」と言わせた選手!!

さらに続く攻撃!

さらに前半34分、フリーキックのチャンス。
蹴るのは近藤選手。

直接きめたぁぁぁぁぁぁーーーー!!!
何て新加入選手なんだーー!(・□・;)

試合を見るごとに、どんどん表情が柔らかくなってきてて、笑顔も見れるようになってきた近藤選手。
少しずつ選手達に溶け込んで、能力を存分に発揮してくれることを楽しみにしています。

緩めない攻撃と守備

サブの選手達も試合の展開を見守ってる。
こうやってメンバーを見ると、かつてチームを支えていた選手や去年の地域CLを経験している選手もいるから、まだまだ戦力はあるぞー!って安心感がある。

これで2点リードしているラランジャ。
でも、2-0は危険なスコアって聞くし、相手のシュートでヒヤッとすることもあるから油断は厳禁。

ひとまず前半は無失点。2点リードしてハーフタイムへ。

ハーフタイム

ハーフタイム中はサブの選手はピッチでボールを蹴ってる。
その後ろにベンチ外の選手が見てる。ボールも蹴れなくてかわいそう。
村岡選手もベンチ外だよ…。

久しぶりにメンバーに戻ってきた中留選手。
ロングスローを披露できるチャンスは来るかな?

後ろ姿しか取れなかった図師選手…(ごめん)

そして、本日のボールボーイズ!しっかりお勤めご苦労様!

カメラ担当はずっと立ちっぱなしで大変だね。ご苦労様です(`・ω・´)ゞ

一方、試合に出ていた選手達は、吉田HCに順番にアドバイスを受けてました。
と…トシヤ、腕から血が出てるよ…(;´Д`)

飯塚選手の腕の出血は忠政選手がケアしてあげてました。

ベンチの選手達は、真剣な表情で、後半に向けての作戦会議。
一戦一戦選手達はこんなに真剣に戦ってるんだって、知ってほしい。
Jリーグだけがサッカーのすべてじゃないってことを。

後半に向かう選手達。
しっかりゴールを守っている太田選手。
プレーだけじゃなくて、後ろからのコーチングもよく聞こえてる。

後半に向けての円陣

後半キックオフ

2点に奢らず、可能ならどんどん得点を稼いでほしい!

勝ち点3まであと45分。
後半キックオフ!

訪れたピンチ

ここで、笛が鳴ってしまいます。
試合後、「あのPK、僕です。すいません!」って言ってきたのは山内選手(;^ω^)

さすがに今回はウッディ必殺の笑顔政治も通じなかった様だ…(;^ω^)

相手にPKのチャンスを与えてしまいます。

これをしっかり決められて1‐2

やはり2-0は危険なスコアなのか?

1点を取り返されはしましたが、ラランジャにもフリーキックのチャンスがあったり、攻撃の勢いは緩んでいなくて、追加点が狙えそうな展開が続きました。

ボールボーイしてるタイガ、だんだん試合に入り込んで、隣で声出して応援してたよ。
早く試合に出られる日が来るといいね。

相手チームの選手が担架で運ばれる。

飲水タイム

タイガはよく働く子だね~。

腕を負傷しながらもスローインをする飯塚選手。
この写真、今なら本人のインスタのアイコンに使ってくれてます。気に入ってくれて嬉しい♪

さっき、ハーフタイムで後ろ姿しか取れなかった図師選手。
図師選手もなかなか公式戦に出れてなくて寂しいなぁ。

PKのチャンスがこっちにも訪れる!

さっきはPKを取られたけど、今度は大澤選手が倒されて、PKのチャンスをつかみました!

奥で福永選手が大澤選手のケアをする傍ら、PKを蹴る準備をしているのは山中選手。
最近、得点王を奪われてしまっていたので、ここでまた奪還に繋がれば…。

見事に決まりました!
(久しぶりにみれた山中選手の小さいガッツポーズ♪)

1‐3でリード。残り20分をどう戦うか?!

足を痛めた大澤選手に代わり倉田選手が入ります。 


さらに酒井選手に代わり、磯部選手が入ります。
どんどん追加点を狙いたいところ!

最後の交代は柳下選手に代わり青島選手でした。
タスクのゴールも見たいなぁ。

得点を決められる選手をどんどん投入しましたが、相手も最後まであきらめることなくゴールを守り続けた結果、スコアは1-3のまま試合終了のホイッスルが鳴りました。

PKで失点はしてしまったものの、失敗を恐れず挑んだ結果。
それより、得失点差が侮れない大事なリーグ戦で3点取れたことが大きいです。

久しぶりの勝ち点3!\(^o^)/
おめでとう!おつかれさま!!

やっぱり勝利は最高だね!

ピッチから戻ってきた選手はいい顔をしていました。

せっかくこっち見てくれたのに、モトキにピントあってなかった…ごめん(´;ω;`)

そのあとは目閉じてるし(´;ω;`)

でもそのあとのタスクとトシヤはバッチに撮れてた。(^o^)/

ベンチに戻ってきた選手達がみんな笑顔なのはいつ以来だろうか・・・・
選手達の笑顔をかみしめるように撮影。

その傍らで、撤収する選手達もいます。
これがラランジャ。

みんなで協力して撤収。

トシヤやウッディはフル出場してるのにベンチと椅子運んでるよ。

フル出場してたモトキとヤマもダウンの途中で机を撤収してた。
所属年数が長い選手ほど気が利く選手が多いのがラランジャの特徴な気がするよー。

良い時だからあえて言います

ちょっと、ここからはMATYオバちゃんが、うるさい小言を書きます。(たまにこういう時あるよ)

今回の試合で、久しぶりににハッと感じたのは、相手チームのピッチ外からの共に戦ってる声援のパワー。失点してからは、だんだん静かになってたけど、試合の立ち上がりとかはベンチからすごい声や拍手が出てた。絶対勝つんだー!って気持ちが私にも届いたよ。

あれって、今年のラランジャに足りないところじゃないかなぁ?って思った。
その点で、ピッチの外の戦い方は関大のほうが勝ってた。

私はまだサッカーを見始めて10年くらいだけど、KSLを中心に地域CLや国体、全社といったいろんな大きな大会を見てると、勢いがあるチームって、試合に出ていない選手もすごい応援しているっていう共通点があるの。

今はコロナの観戦防止対策で大きな声を出すことは難しいけど、マイボールになったり、ファインプレーに対し、サポーターみたいに拍手を送ることはできると思う。

ちなみに、ラランジャもサブに入っているような、ベテランの選手達は、アップしていても、ボールボーイになってもこれがちゃんと出来ているよ。

あと、他チームになるけど、第4節のアルテリーヴォとの試合だと、試合終了が近づく中、22番の宇都木選手が担架で運ばれて外に出たんだけど、交代した山中選手に2点目ゴールされる前、その場で立ってピッチに向かってずっと指示飛ばしてたんだよ。(カメラ前でちょっと邪魔だな~とはおもってたけど…(^▽^;)
この宇都木選手の姿って、交代はしたけど、まだ本人はみんなと闘ってるんだなって感じる。

↓この部分(0:37)から

そりゃね、今年ラランジャに新加入した選手や若い選手達は、試合に出てる選手が超ベテランで「ナイス~!(パチパチ)」なんて軽率に拍手なんて出来ない…(;´Д`)って恐れる部分もあるとは思う。
そこはベテランの選手達が応援に関しては寛容な気持ちをもってあげるとか(応援の時は呼び捨てやあだ名で呼ばれてもOK)とかしてもらうとして、年齢差がある社会人クラブだからこその溝というか、そこはちょっと埋まってほしいなぁと思ってる。ラランジャは過去にその反省を強いられた年があったので、若い選手も委縮せず、所属チームを自分が応援しているJリーグのチームくらいの気持ちで応援できる雰囲気になればいいなぁって思ってる。

もし、私がちゃんと見えてないだけで、しっかり出来てるならごめん。それは謝る。

ベンチ外だったり、バックアップメンバーになると、どうしてもボールボーイや撮影でやることも増えて試合とのかかわりも薄くなりがちだし、ボールも蹴れないし、残念だったり悔しい気持ちは分かるのだけど…。

でも、不思議なことに、今まで試合に出ていた選手がケガとか出場停止で急にバックアップメンバーにまわっても、めちゃいい働きをしているのはなぜだろう?それって、所属年数が長いとか要領を分かってるとかじゃなくて、試合に出れない分、自分ができることを常に探している姿勢だからだと思うんだよね。

ラランジャはアカデミーの子どもたちのクラスから、自分で考える力を養うことを大事にしてるから、トップチームもコーチや周りの人に言われて(指示されて)やるより、自らが置かれてる状況をポジティブに考えて行動する選手が増えたらいいなぁと思ってます。

社会人チームに所属する限り、もう大人の扱いと同じ。だから、学校じゃないからいちいちうるさく言われないと思うけど、良いことも悪いこともちゃんと見てる人はいることを忘れないでほしい。

バックアップメンバーでも、試合に入り込む気持ちで応援すれば、チームや試合に出てる選手達やコーチ達のかかわり方も間違いなく変わってくると思うよ。

どこのチームも試合で勝っている時や、大一番の試合になると、応援が熱くなるのはよくある光景。
でも、その大きな大会の舞台に立つためには、目の前のリーグ戦のひとつひとつの試合に勝たなきゃ、その場に行くことが出来ない。キックオフからの立ち上がり、負けていても逆転を信じる気持ちを盛り上げていけるのは、「バックアップメンバー」っていう大切なポジションのひとつでもあると私は思います。

以上!MATYおばちゃんの小言でした。
文句でも愚痴でもなく、ラランジャファミリーって、ファンやサポーターやアカデミーだけじゃなくて、選手も大切なファミリーのひとりだから、一人でも長くチームに携わって成長してほしい。やむを得ずチームを離れることになっても、いつでも「元気だよ!」って顔を出せる場所に自ら作ってほしい。私の願いはただそれだけ。

明るい帰り道

今日はキックオフが16:45だから、試合が終わるころには駅までの道が真っ暗じゃないのかと危惧していたんだけど、今日みた2試合両方の勝利を祝ってくれているような綺麗な夕日のおかげで、駅まで明るい道でたどり着くことが出来ました。

日岡山についた時点でも明るかったけど、次の電車は20分後くらいだったから、朝滋賀で買ったパンを食べながら待ってたら、アユムが追いついたよ(;^ω^)
加古川線は本数少ないから、改めて行きのタクシーは賢明な選択だったなと自画自賛した帰路でした。

大移動を助けてくれた切符

今年は、和歌山や滋賀に行くときはこの「休日ぶらり旅きっぷ」にとってもお世話になってます。
前日までの予約が必要で、土日祝しか発行されないけど、2,500円で関西近郊乗り放題なのです!

今回でいうと…

神戸-守山:1,980円
野洲-加古川:2,640円
加古川-神戸:680円
合計:5,300円

なので、ほぼ半額で移動できました!
今回はリーヴォサポーターの助けでバス代がいらなかったりお得になった分がタクシーに消えたりと+αありますが・・・

9月25日までなので、試合遠征にかかわらず、緊急事態宣言が解除されて、ちょっと遠くにお出かけするとき、往復が2,500円以上ならこの切符を思い出してくださいね!
詳しくは→休日ぶらり旅きっぷ

順位は変わらず。でも突き放されない位置!

今日は上位決戦が激しい攻防だったようで、勝ち点を分け合う形になったおかげで、それほど順位に差が開きませんでした。ただ、ポルベニルが上がってきているから、全社予選に出場するためにも、7節終了までに5位を死守しなければね!

最後に今日の試合のまとめを動画でどうぞ。

やっぱり勝利は最高だー!!\(^o^)/

OFUSEする

タイトルとURLをコピーしました