【AS.Laranja Kyoto】京都FAカップ2021準々決勝(210307)

こんにちは、MATYです。
ついに2021年の公式戦を見る機会がやってきました!

天皇杯の都道府県代表を決めるFAカップ準々決勝。

試合観戦は無観客でしたが、私はチームスタッフとして帯同させてもらいました。
健康チェックシートを提出し、会場へ。

2021年最初の公式戦:vs京都伏見蹴友会

試合会場は初めて来た、下鳥羽公園球技場。
AS.Laranja Kyotoの練習場所でも使用するところです。

 

 

着いたら、虫かごの中にいる蝶々にみえた(笑)
最後に会ったのは12月26日。
新しい選手もちらほら見える今年のラランジャ君たちです(o^―^o)

 

ピッチに移動してウォーミングアップ。

 

最初の全員での円陣


今年も福永選手が気合入れる言葉をかけます。


中尾選手が、カメラにむかって肘タッチしてくれたよ♪(≧▽≦)



選手入場は横一列だった


整列&礼


2021年最初の公式戦スタメンはこちら!
新加入の#15 飯塚稔也選手が早速起用されています。


円陣

からのタッチ


キックオフ!


前半の撮影は山本啄也選手(開幕前に本人が退団発表)


試合は2-0でハーフタイムへ。


立ち上がり、久しぶりの公式戦で緊張なのか、固い感じでちょっとヒヤッとするシーンがあったけど、磯部選手のゴールで、冷静さが戻てきたイメージでした。

後半開始

ハーフタイム中、選手同士で修正ポイントの声を掛け合って後半に挑みます。


吉田ヘッドコーチ


後半の円陣後のタッチ


後半の撮影は山口選手です。

 

スタメン選手が点数を取って、ある程度余裕を作ることにより、控えの選手が出られる機会が増えます。

 

今年は村岡選手がスタメンを張れる試合が増えるといいなぁ。


 

中留選手が交代で公式戦に!(^▽^)

 

TMでは活躍してる感じだった青島選手


試合終了4-0でAS.Laranja Kyotoの勝利!
去年地域CLに出場しているチームがカテゴリー下のチームに負けるわけにはいかないプレッシャーもあるなか、きっちり無失点にも抑えられてよかった。でも、内容としては危ないシーンがあったので、まだまだこれから修正が必要だですね。

何点取ろうと勝たなきゃ意味ない

試合終了後、「qoly」のインタビューをうける吉田ヘッドコーチと磯部選手。


Youtubeに公開されてるのでチェックしてみてください^^



実際の公式戦を経て、浮かんだ課題はコーチだけでなく、選手達それぞれも十分感じているみたいでした。次の試合はリーグ開幕後なので、これから開幕戦に向けて、TMをたくさんこなしながら改善できたらいいね。




例え、今日4点とっても、それは今日の結果であるだけ。
次の試合はリセットされるしFAカップは負けたら終了。


1点に泣き、1点に笑う厳しい世界だけど、だからこそ応援してて、悲しいこと、悔しいこともあれば楽しいこと、嬉しいことがある。

去年は新型コロナウィルスのせいで思うような大会試合やリーグ戦が出来なかった分、1年間みんなが1試合でも多くプレーできる姿を楽しみにしています!
勝てば何かと試合に出れる回数が増えるからね!(o^―^o)

 

タイトルとURLをコピーしました