「MATYの関西サッカーリーグ応援日記」へようこそ!

鏡のお告げ 【KSLカップ準々決勝vsアルテリーヴォ和歌山】

鏡のお告げ 【KSLカップ準々決勝vsアルテリーヴォ和歌山】

久々の公式戦、KSLカップ準々決勝。
結果は残念ながら0-2で負けてしまいました。
これによって、レイジェンド滋賀FCの2013年の活動は終了しました…。

 


2013関西サッカーリーグカップ準々決勝
vsアルテリーヴォ和歌山
2013年11月30日(土)11:30分K.O
@J-GREEN堺S6
【試合結果】●0-2(0-1、0-1)



JGreenへ向う10時のバスを目指してた私。
しかし、家からJRまでのバス道が渋滞。
バス停についたのは発車4分前だったのでダッシュ。
そしたら、JRが踏切の安全確認でために新快速が6分遅れ。
ラッキー!と思ったのもつかの間、地下鉄が間に合わないかもしれない…
ということで、タクシーか徒歩を検討しつつ地下鉄を目指す。
でも、これも間に合い、当初乗車予定だった便に乗った瞬間発車ベル。
住之江公園のバス停の列に無事並ぶことができました。
【朝から幸先いいなー。導かれてるな~♪(*´∀`*)】なんて思いながら、
ミラーのコンパクト使って、しまおうとしたら、
何かがストーンと落ちて、足元でパリーンと粉々に…
パクトから鏡だけが外れて落ちて割れた(´Д`;)
私の経験上、故意ではない状況で鏡が割れるということは良くないんだよ。
【A】これから私にとって悪いことが起こる。
【B】その鏡の持ち主もしくはプレゼントしてくれたこに悪いことが起こる(起こった)。
【C】何か難が降りかかろうとしてたのを鏡が身代わりになってくれて、大難→小難、小難→事なきを得るとなる。
絶対この3つのどれか。
でも、Cは後から割れてる事に気づく事が多いから、AかB。
しかも、JGreen行きのバス停って、車線挟んだ正面に大きな神社があるんだよ。
なおさら怖いったらありゃしない。
つまり、何らかの心の準備をしておけというお告げなのは間違いなく、
JGreen行きのバスに乗ってても、気が気じゃなかった。
そして、私が一番避けたかった状況が現実に目の前に起こってしまったことで、
答えは【A】だと分かりました…。
なんか、今回はホントに何も言えない。
もちろん、選手に罪はなく、めっちゃ頑張ってました。
朝、会場についたら、私見てニコニコ挨拶してくれる選手が多くて、
コンディションや雰囲気は悪くないんだなー♪
と思うと同時に、選手に認知してもらえるようになったことがすっごい嬉しかった。

今回は写真のみで許してください。
ウォーミングアップ
※最初遠巻き撮影だったのがだんだん近づいていく所に注目(笑)







入場前の円陣

選手入場






キックオフ直前の円陣


試合開始












アルテリーヴォ和歌山側





レイジェンド滋賀FC側


やっと正面から近くで見ることができた2013年選手とスタッフのサイン寄せ書き。




何故かあいてた(撮りやすくてラッキー♪)



フィールドで走ってる選手以外も頑張ってるんです。




試合終了後




オフィシャルの山内監督代行の言葉通り、
今のメンバーで戦える機会が今日で終わってしまいました。

チーム名がレイジェンドになって2年目ということで、
今後が左右されそうな大事な年にKSLが主催の試合は全試合、
さらにFAカップや全社予選、トレーニングマッチ等を見に行き、
選手の頑張りを見てくることが出来てホントに幸せでした。
もちろん、ずっと勝つことなんて難しいことで、
負けた悔しさは間違いなく次に繋げてくれた戦いをしてくれたからこそ、
リーグ戦は3位をとることができたんだと思います。
これからオフシーズンに入ると、
悲しいニュースや嬉しいニュースを聞くことになるでしょうね。
でも、私の中で2013年にレイジェンドの戦士として
戦ってくれた選手は絶対忘れません。
日々のお仕事や勉強をこなしつつ、
寒い日も暑い日も雨の日もトレーニングや試合を積み重ねて、
私に力をくれた人達。

彼らがこれからも幸せなサッカーライフを過ごせることを祈ってます。
かくゆう私は今後このブログでレイジェンドの記事を残していくか今は白紙です。
ともあれ、2013年を締めくくるAwardsは
とっても頑張って勝ち取ってくれた3位なので、
壇上にあがる選手たちの勇姿をしっかり見届けて来たいと思います。
【and…】
ダーリンとも今日でお別れ。



ダーリン目線w

元気でね。。。